リンガーハットは、ベトナム展開を目指し
エースコックベトナムとフランチャイズ契約を締結いたしました

株式会社リンガーハット(本社:品川区大崎、代表取締役社長 秋本英樹)は、長崎ちゃんぽん専門店「リンガーハット」をベトナムでチェーン展開するため、エースコックベトナム株式会社(本社:ベトナム ホーチミン)とフランチャイズ契約を締結いたしました。
弊社は、現在、アメリカ、タイ国、香港、インドネシア、台湾、カンボジアの6か国に加えて、ベトナムでのチェーン展開を目指しています。ベトナムでの展開に際しては、エースコックグループ企業としてベトナムにて23年以上の歴史で発展をし続けているエースコックベトナムと協力することが最善と判断し、このたびフランチャイズ契約を締結いたしました。
リンガーハットグループでは、長崎ちゃんぽん専門店「リンガーハット」や、とんかつ専門店「濵かつ」を中心とした外食チェーン店を日本国内に760店舗以上展開しており、近年では海外出店にも注力しております。現在出店中の海外店舗は、アメリカ4店(うち「六角浜かつ」が1店、「SOBAYA」が1店)、タイ国5店(うち「とんかつHAMAKATSU」が1店)、香港2店、インドネシア2店、台湾1店、カンボジア1店の6か国計15店舗です。
リンガーハットでは、今後も現地のニーズに合わせた海外店舗展開を進めてまいります。

株式会社リンガーハットについて

◆長崎ちゃんぽん専門店「リンガーハット」、とんかつ専門店「とんかつ濵かつ」を中心とした飲食店の運営を行っています。
◆1962年に日本の長崎県で創業し、現在は東京証券取引所1部上場しています。

所 在 地:東京都品川区大崎1-6-1 TOC大崎ビル14階
代 表 者:代表取締役社長 秋本 英樹
設    立:1964年3月7日
資 本 金:9,002百万円(2018年2月現在)
事業内容:レストランチェーンの運営

エースコックベトナム株式会社について

◆日本で即席めんの製造販売を行うエースコック株式会社のグループ企業です。
◆1993年に設立し、1995年からベトナムで即席麺の生産販売を開始したエースコックベトナムは、23年の歴史を持ち今も発展し続けています。

スローガン:“Cook happiness”

「日本の技術・ベトナムの味」の融合により、衛生で安心安全な食品を提供することで、消費者に喜び・幸せを届け続けています。
より良い労働環境と福利厚生制度を作り、従業員は安心して長期に渡り勤続しています。
エースコックベトナムは様々な信頼度の高い賞を頂き、国際的な基準に合格した衛生安全証明書も持っております。
全ての製品は原料選定から完成品までしっかり管理されておりますので、高いクオリティーの商品を提供しております。
エースコックの目的:消費者をHappyに 従業員をHappyに 社会をHappyに

ページの先頭へ